マイナンバーカード顛末

 運転免許証から健康保険証まで、これからはマイナンバーカードが必須、といわんばかりの喧伝に煽られて、そうなってからバタバタするのも嫌だしとついにわが家でも申請に及ぶことになった。写真さえあればパソコンからできるというじゃないですか。

 ところがその写真1枚のハードルが高い。お蔵入していたデジカメを持ち出し、動かないのでバッテリーを充電し、SDカードを探し出し、晴れの日に服を着替えて、玄関前で撮影する、にも一人ではできないので「おい母さんや」とパートナーを呼びつけて慣れないカメラマンをさせる。

 さてSDカードをカードリーダーで読み込まんとするが、最新のMacBookAirにはそもそもUSBの口がない。USBが使えるハブをアマゾンで購入。速攻で挿してみるがなぜかSDカードを認識しない。もう一台のデジカメを持ち出し、直接コードでパソコンとつないでみる。おっとその前に最新の読み込みソフトをインストールしておかねば。一つ一つが隠居には時間がかかるのである。

 最新のM1チップ搭載Macフォトショップエレメンツが未対応ゆえ使えない(らしい)ので、結局、お蔵入り寸前のiMacに写真を転送して、背景を切り取り、できるだけ男前に加工する。

 完成した写真を申請画面上にドラッグ&ドロップして、ようやく申請完了。「個人番号カード交付申請書受付センター」から「申請受付完了のお知らせ」が届いた。

 ところがこれで安心するなかれ。9日たってから「申請内容不備のお知らせ」というのが届いた。「不備内容」は用意された文らしく具体的な説明はないので、仕方なくもう一度写真を撮り直すことに。

 きっかり1と月後に、小さな青い封筒に入った「交付通知書」が届く。市役所での交付は予約制なので、インターネットで一番近い2日後の予約をとる。暗証番号をあらかじめ考えてこいという。

 予定時間の10分前に市役所に到着。番号札を手に待っているとほどなく呼ばれて受付。説明が終わると、隣のブースで暗証番号の入力とアナログな顔認証。声をかけられた担当以外の職員がちらと写真を見てOKですと言う。最後に、マイナポイントがありますのでまた手続きしてください、とおっしゃる。いやそれって、申込みは終わったのではなかったか。

 調べてみると、1と月延期されたとのことである。「申し込んだ決済サービスを使うと25%分のポイントがもらえる」そうなので、せっかくだから申請しましょう。

 わざわざ市役所まで出向かなくてもローソンのマルチメディアコピー機で手続きできるというので、操作方法をしっかり予習して、混雑を避けて朝の6時に行く。ところが行政サービスの受付は6:30からですという。うーむ老人は駐車場で30分も待てない。

 翌日、勇んで6:30に行くと行政サービスが無事に起動。続いてマイナポイントのボタンを押すと、受付は9:30からだと書いてある。もう早く言ってよぉ。

 4日め。手順のマニュアルを作ってローソンマルチメディア機に向かう。若者はこれをスイスイ使いこなせるのであろうか。

 「決済サービスID」をマシンが受け付けない。しっかり調べてきたから間違っているはずはないのだが。深呼吸してよく見ると見慣れないアイコンが目に入る。なるほどこれで大文字にしなければならないのか。などとつぶやきながらようやく申し込みが完了しました。慣れないことをやってみるのは実にいい刺激になりますな。