高齢社会白書

 昨日発表された内閣府の『高齢社会白書』によると、「家族以外で相談や世話をしあう親しい友人がいない」と老人の31.3%が答えていて、高齢者の孤立が深刻な課題になっているのだという。

 なんだオレだけじゃないんだ、と思う一方、違うものがふつふつとわきあがってくるのも感じる。 ”いないことを望むキモチ” といえばいいんだろうか。”友達100人できるかな"という昔ながらの幸福論に洗脳されるあまり、隠居の心にもいないことを寂しく思ったり不安に感じたりする気持ちは確かにある。でも、本当にそうなんだろうか。そう思わされてるだけじゃないんだろうかと、このごろ思うのである。前より堂々と「友達いない宣言」をする人が増えてきているせいかもしれない。友達がいることが苦しいんだったら友達はいなくたっていいのかもしれないじゃないか。

 友達をキープするために、無理して相手のペースに合わせたり作り笑いをしてしまったり、でストレスを溜め込むくらいならと、ついつい「ないほう」を選択している自分がいる。年賀状を止めてしまったのも無関係ではない。いやそれはそれで問題ありなのかもしれないけど、陰で友達の悪口を言いながらだらだら付き合ってるよりマシだと隠居は思うのであるが。

 2週間ほどして新聞に出ていた週刊誌の見出し。

 「3割が友人ゼロって、何が問題?」に始まり、

 「60過ぎたら友人もいらない」には笑ってしまった。