このごろの音楽生活

 買い物の途中、BGMで流れていた聞き覚えのある旋律に手が止まる。しばらくピアノトリオを聴いていなかったので懐かしくなって、帰ってから保存用のHDDを引っ張り出してきた。

 還暦を迎えたころ、大人のJAZZを楽しめるようになりたく、巨人たちを紹介したCD付きマガジンを購読したり、評論家の言葉を信じて「マイルス」に挑戦したりしてみたりしたが、どうもしっくりこない。もっと耳に心地よいJAZZが聴きたいだけなんだけどな。

 そんな時に出会ったのが、エディ・ヒギンズだった。表舞台のピアニストではなかったヒギンズさんに晩年の活躍の場を与えたのが、日本のジャズ専門レーベルVENUSレコードだったというのは有名な話。1998年の『魅せられし心』がピアノトリオブームに乗って爆発的にブレイクしたとき、ヒギンズさんは66歳になっていた。当時の奥さんは日本人だったそうな。

 一番のお勧めアルバムは『Bewitched』かな。

 『Ella Fizgerald Sings The Rodgers & Hart Songbook』という1956年のアルバムで、エラがこのタイトル曲を歌っているのだが、なんと優しい歌声だろう。これも「今朝の1枚」にふさわしい。

 ヒギンスさんが亡くなった翌年、入れ替わるように日本デビューしたのがビージー・アデールで、彼女は御年72歳だった。この人の癖のないピアノ・アレンジはいかにも日本人好みで、その年の最も売れたジャズ・アーティストになったそうな。この人の優しくロマンチックなJAZZは1日のどこででも安心して聴いていられる。

 ナショジォのGeniusシリーズでドラマ「Aretha」をやるというのでのぞいてみる。

 アレサ・フランクリンって正面切って聞いたことがないんだよね。入門用にいいアルバムはないかと探していると、このドラマとの連動企画だという最新ベスト盤『The Genius of  Aretha Franklinが見つかった。「Ain't No Way」っていい曲だなあ。

 最近のミュージック・ライフはこんな感じ。