スープジャー生活

 始めたのが2020年の1月だから、スープジャー生活も2年めの半ばを過ぎた。

 THERMOSのホームページでレシピを担当しているお弁当研究家・野上優佳子さんの『スープジャーで楽するお弁当生活』を見ながら、ジャー選びも楽しかったし、毎日の調理はぽんこつ隠居にとって何よりの刺激になった。調理といっても野菜を刻むくらいなのだが、新しい日課がひとつできたのである。

 最初は自分の朝食用だったのが、今は2人分のお昼になった以外、レシピはほとんど変わらない。白菜、玉ねぎ、茸、豆腐に、にんべんの白だしGOLD。隠し味に業務スーパーの「姜葱醤」ジャンツォンジャンを使う。病院の数値も少しずつ改善しているので、体にはいいのだろう。

 ところが昨日、さらに進化した「ハーバード式 命の野菜スープ」というのを知ってしまったのである。野菜のゆで汁には生野菜の10倍の抗酸化力があるとのことで、がん予防、認知症予防、ダイエット効果、生活習慣病予防、動脈硬化予防、骨の老化予防、ストレス緩和、便秘改善と、あらゆる効能が並んでいる。

 こちらは野菜と水だけで味付けは一切しないらしい。うーむ早速、明日からキャベツと玉ねぎと人参を使ってみることにしよう。ちょうどNHKの「がってん」でキクラゲ讃歌をやっていたので、これも加えることにする。お通じにもよいそうだ。

            *

 調味料ゼロの野菜スープは、思ったより癖もなく飲みやすかった。しかし残った野菜は確かに不味い。けっこうな量があるので、これをいつものスープジャーに利用することにして2日続けてみると、奥さんがお通じがいいと言う。隠居も作ったその日からいつもと違うするっと感があったのだが、やっぱりですかそうですか。キクラゲをもどすのに15分、野菜を煮込むのに20分かかるが、基本はスープジャーと変わらないので、これなら続けていけそうだ。健康はもちろん、ダイエット効果も期待したいところである。